スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑






光を楽しむ/光の性質と向きを探る♪ | わくわく写真術:おうちフォト編
それではクッキーとスコーンのタグで
光の性質と向きの違いを見てみましょう♪


■光の性質■
ここでは影が一番分かりやすいサイド光(横からの光)で撮った写真を例に見てみます♪
撮影したのは3月16日。
日差しが少し高くなり、直射日光は部屋に入らない状態です。

●硬い光
100316_22.jpg
レースのカーテンを開けて窓から入る光で撮影。
(写真右側から光が入っています)
横に向いたクッキーが影になり、暗くなっていますね。
クッキーの下にできた影やペーパーにできた影が濃く
敷いてある布の感触もザラついた感じがします。

このように、硬い光は影が濃く明暗の差がはっきり出るのが特徴です。
影の力強さを活かして、メリハリのあるシャープな写真を撮りたい時に向いています♪



●柔らかい光
100316_21.jpg
同じ窓からの光でレースのカーテンを引いて撮影。
上の写真と比べて全体に影が薄く、
横向きのクッキーも少し明るくなりました。
ペーパーや布の質感も柔らかい感じになったと思います。


柔らかい光は、明暗の差が強くならず
ナチュラル感やふんわり優しい雰囲気を出したい時に向いています。

室内で雑貨や小物、食べ物やお花など、
明るく優しい写真を撮りたい時にはレースのカーテンを引いて
柔らかい光を作りましょう。


カーテンがない場合はトレーシングペーパーや白の薄い布を窓に張って撮影しますが
多分、みなさんのお家の窓にはレースのカーテンがあると思うので
ぜひそれを活用してください♪


また、外の天気が曇っていても、写真で撮ると光が強いことがあります。
そんな時もレースのカーテンで光を和らげて撮影しましょう。



■光の向き■
続いては光の向き。
被写体に対してどこから光が当たっているかで
印象が大きく変わります。


●順光…被写体の正面に当たってる光。被写体の後ろ側に影ができます。

100316_23.jpg
ちなみにこちらは硬い光(カーテン無し)で撮影。
光が強いため、後ろの影が濃く出ています。


100316_1_3.jpg
こちらはカーテン越しの柔らかい光。
硬い光に比べて全体に明るくなりましたが、影が後ろにあるため立体感がなく
クッキーの質感もあまり感じられません。



●サイド光…被写体の横から当たっている光。

100316_21.jpg
カーテン越しの光です。
明暗の差がハッキリ出ています。
表面の細かい凸凹もクッキリでて質感がよく分かります。



●半逆光…被写体の斜め後ろからの光。

100316_26.jpg

カーテン越しの光で撮影。
明暗のバランスが良く、影が手前に来るので立体感が出ます。

この半逆光はお料理撮影の定番の光♪
小物撮影やペット撮影にも向いています♪



●逆光…被写体の真後ろからの光。

100316_7.jpg

カーテンを開けて、硬い光での逆光撮影をしました。
光と影のコントラストが強くなっているのがわかります。



どうでしょう?
光の向きと性質によって、写真の印象が違ってくるのを
感じてもらえたでしょうか^^♪

おうちの中でふんわり優しい写真を撮りたい時は
光の強さを和らげて♪
光が和らぐと影も和らいで全体に優しい印象の写真が撮れます♪



さて次回はもう一歩進んで、
今度は光を自分でコントロールする方法を
お伝えしたいと思います♪



【今日のポイント】
*光の性質:硬い光…メリハリのあるシャープな写真向き
      柔らかい光…雑貨や小物をふんわり撮るおうちフォト向き
*柔らかい光をつくるにはレースのカーテンがオススメ♪
*光の向き:順光・サイド光・半逆光・逆光 
 
【2010/03/17 20:05】   | コメント(6) | Top↑






<<光を楽しむ/光と影をコントロール♪ | Top | 光を楽しむ/光を読むには?>>
コメント
こんにちは。
すごい、わかりやすいです&納得しちゃいました。
やっぱり光って大事ですね。

今日またbanabanaに寄ってきちゃいました(笑)
フォトレッスンの記事も見ました。
申し込みたい~(><)と思いましたが、今年はちょっと無理なので(息子が受験なんです)来年!と密かに思ってます。
今年はこちらのサイトで勉強させていただきますm(_ _)m

追伸:新聞見ましたよ~☆
【2010/03/17 20:28】 URL | Juli [ 編集] | top↑

============================================================

★Juliさんへ♪

うほっ♪分かりやすいですか?
良かった~~。

実際手元でカメラを持ちながら説明するのと違って
文章と写真だけなので、「理解してもらえるかしら?」って
結構不安になります(笑)

そう言ってもらえてホっとしました^^♪
ありがとう。

今年はお受験なんですね!
子供以上に焦ってしまうのがお母さん♪
頑張り過ぎないで、カメラでリラックスして下さいね~♪

そして新聞。
み、見ちゃいました??
いや~もう、笑ってるアホ面を想像してたら
更にヒドイ鬼のような面しててショックな私…とほほです(泣笑)
【2010/03/17 23:16】 URL | Chie [ 編集] | top↑

============================================================

はじめまして。
とても素敵な写真にもう感動です!!

最近、イチデジ初めましたがさっぱり設定とかがわからず悩んでいたんです。
とてもわかりやすい説明でこれからも参考にしてお勉強したいと思います。
ブログで遊びに行かせてもらってるかのんさんの茶衣君や碧衣ちゃんがモデルさんしててビックリ!!

東京で教室していただけてたら絶対参加したいのに残念です。
ブログのほうにも遊びに行かせてくださいね!!

よろしくお願いします!!
【2010/03/18 13:23】 URL | sorarin [ 編集] | top↑

============================================================

な~るほどねぇ
って言うか。撮った写真をみると結構違うんだねぇ
って思っちゃった。
あたしは・・
結構逆光、レースのカーテンでってのが多いかなぁ?
ちなみに夜はなるべく蛍光灯・・

こうやって撮り比べするのがやっぱりコツを掴んだり上達への一歩かしらっ

じっくり、焦らずがんばろ~♪
そそ、あたしもキリ良く4月からがいいかしらん??(笑)
【2010/03/19 13:46】 URL | かのん [ 編集] | top↑

============================================================

★sorarinさんへ♪

はじめまして♪
コメント残してくれてありがとう!!

イチデジの世界へようこそ~♪笑
そうですよね、最初はどこをどういじったらいいのか
設定が難しいですよね。

でも一番大切なのは、難しく考えるよりも
撮ることを楽しむこと♪♪
楽しい気持ちで撮った写真は
後から見ても楽しくなります♪
上手い下手よりまずはシャッターをたくさん切って
少しずついろんなことを覚えていきましょ♪
カメラの基礎講座も少しずつ書いていきますね~。

東京でのお教室♪♪
いつか実現できたら嬉しいけれど
東京にはステキはお教室がたくさんあるから~^^♪
【2010/03/20 00:32】 URL | Chie [ 編集] | top↑

============================================================

★かのんさんへ♪

実際撮り比べてみると全然違うでしょ??
撮影データも書こうかな~と思ったけど
ゴチャゴチャになっちゃうから今回はパス!笑

光の向きによって、明るさが変わっちゃうから
密かにシャッタースピード変えてます。

レースのカーテン+逆光撮影。
うん、日中の室内はこれが良いと思うわ。

そこにレフを置くと更に光と影が柔らかくなるから♪

レッスン了解でーす☆
4月からおしゃべりも楽しみつつ
レッスンしましょ^^♪

それからあの写真、ありがと~~~♪♪
彼女もすごく喜んでました^^♪
【2010/03/20 00:33】 URL | Chie [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。