スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑






光を楽しむ/光と影をコントロール♪ | わくわく写真術:おうちフォト編
前回の「光の性質と方向による違い」
こうして写真で並べてみると影の具合がずいぶん違いますね♪

特に順光。

普段、小物を撮る時は
サイド光~逆光で撮ることが多いので
順光は難しかった!

なぜって、自分の体で影になっちゃうんだもん。笑

広い場所で被写体との距離があれば
自分の影にならないのですが
小物撮影で距離が近いと背中で光を受けて
前が暗くなっちゃう。

そんな訳で今回の順光撮影は
自分の体で影にならないように横から構えて
腰がちょっと痛かった(笑)


さてさて。
レースのカーテンを引くと光が和らいで
写真の表情が優しくなることをお話しました。


それでも太陽の光を相手に撮影しているので
レースのカーテンを引いても
その時のお天気や光の強さによって
影の濃い写真になってしまうことがあります。


せっかくカーテンを引いたのに
優しい感じがしない。。。



「影をどうにかしたい!」

そんな時、影をコントールしてくれる魔法の板がこれ!

100316_11.jpg

『アーモンドシリーズ』でもチラっと登場しましたが
この白い板が影をコントロールしてくれるレフ板。

魔法の板です♪


置き方はカンタン!

影のできる方向に置いて
光を反射させます。

これは写真用品として買うと高いのですが
いろんなもので代用できます。

例えば段ボール。

段ボールを二つ折りにして
内側にコピー用紙を貼ってもOK!

小さい小物を撮るならハガキを2枚用意して
パカっと開くように一辺だけテープで留める。

それでも充分使えます♪


私の場合は犬を撮る時にも使えるよう
A4サイズ(開くとA3)くらいで作っています。

ホームセンターや文房具店で売ってるカッティングボード(A3)。
これを買ってきてカッターで半分に。
背の部分をテープで貼って使っています。


どうして白い板を使うのかというと
白は光の反射率が一番高いから。

光を反射させて、影の部分に光を回してあげると
濃い影が柔らかくなります。



実際に置いた写真を見てみましょう。

100316_7.jpg

こちらはレースのカーテンのみで
半逆光で撮影したもの。


これにレフを置いてみます。

100319_2.jpg

どうでしょう?
一瞬で影が薄くなりましたね♪

光が全体に回ったことで明暗の差が弱くなり
優しい雰囲気になりました。


サイド光の場合は…
100316_21.jpg
レフ板無し。カーテンを引いたのみ。


100316_4.jpg
レフ板をこんな風に置いて…


100319_10.jpg
はい!影が優しくなりました♪



ここでひとつ注意点を挙げるとすれば
レフを置く時、被写体に近づけ過ぎないこと。

近づけ過ぎると影がなくなってしまいます。

影は立体感を出してくれる大事な要素。

【写真は光と影】と言われるように
影は決して悪者ではなく、
光と同様とても大切なものです。

影を殺さず、影と対話しながら
優しくコントロールしてあげましょう♪




レフ板は他にも鏡を使ったり、
アルミホイルをクシャクシャにして光を反射させたり
いろいろあります。
それについてはまた別の機会に。。。


せっかく美味しそうなクッキーなので
次回は少しスタイリングしてみたいと思います♪


【今日のポイント】
*レフ板を使って影をコントロール
*影は立体感を出してくれる大事な要素
*レフは被写体に近づけ過ぎない


【2010/03/19 23:25】   | コメント(8) | Top↑






<<エコなスタイリング…? | Top | 光を楽しむ/光の性質と向きを探る♪>>
コメント
こんにちは!
すんごく勉強になります!!
最近同じ写真しかとれなくて…
レフ板の役割ってすごいですね!
今度やってみます!!!

また先生のレッスンに行きます――!
【2010/03/20 11:34】 URL | マキンコ [ 編集] | top↑

============================================================

はじめまして。
かのんさんのところからやってまいりました。
我が家にもダックスが2頭おります。

素敵なお写真達ですね。
(あ、もう一つのblogも拝見させていただきました。)
私は可愛らしいスタイリングフォトや食べ物を撮るのが苦手でして。。。
また遊びに来させていただきますね。
【2010/03/20 18:23】 URL | クリスまま [ 編集] | top↑

============================================================

レフ板があった方がいいんですね!
カッティングボード探してみなきゃ。

レースのカーテンが影になってしまう事もあるんですけど、
それはどうしたらいいのでしょうか?

とても分かりやすく説明してくださるので
ど素人の私でも理解しながら試せてとっても勉強になりました。
これからも楽しみにしています!

カメラがまたちょっと楽しくなってきました!
blogよかったら、リンクさせていただいてもいいでしょうか?

暗い部屋で撮る場合や
走ってる姿をぶれずに撮影するためのコツ、
カメラの設定とかいろいろ聞きたい事がいっぱいです!

これからも、楽しみにしています。


これからも、楽しみにしています。
私にもステキな写真が撮れるようになるといいな!

blogリンクさせていただいてもいいでしょうか?

うれしいです。

暗いへや
【2010/03/22 02:06】 URL | sorarin [ 編集] | top↑

============================================================

ごめんなさい、携帯からコメント入れてたら文章が
重複してよくわからない事になってしまいました。
【2010/03/22 02:10】 URL | sorarin [ 編集] | top↑

============================================================

★マキンコさんへ♪

こんにちは~♪
こちらも見てくれてありがとう!!

レフ板、室内撮影ではかなり役立ちます^^♪
ワンコの逆光撮影にも使えるので
1個作ると重宝します。

そそ、スーパーのお肉のパック。
あの白いパックもそのままレフで使えるので
ぜひお試し下さ~い♪

おっ!レッスン来てくれるの?
嬉しいーーーー!!

お会いするの楽しみにしていま~す☆
【2010/03/22 21:42】 URL | Chie [ 編集] | top↑

============================================================

★クリスままさんへ♪

はじめまして~。
かのんさんのところから来てくれて嬉しいです☆
ありがとう!!

ダックス2頭、我が家と一緒ですね^^♪
カメラを持つと自分を撮ってくれると思って
大はしゃぎなレオンとユウリです。
でも自分達じゃないと分かると二人でバトルが始まって…
やっぱりウルサイ我が家(汗)

可愛らしいスタイリング…実は私も超苦手です(笑)
性格がオトコっぽいせいかしら…?(自爆)
【2010/03/22 21:43】 URL | Chie [ 編集] | top↑

============================================================

★sorarinさんへ♪

携帯からコメント送ってくれてありがとう!!

いえいえ大丈夫ですよ~。
気持ちはしっかり伝わりました♪


カッティングボードじゃなくてもB5のノートを開いて立てたり
お肉の白いパックでも何でもOK。
一度レフ板、試してみて下さいね♪

それからレースのカーテンの影。
レースの柄が影として写ってしまうということですよね。
その場合は、
①撮影場所を窓際から室内に少しずらして
影にならないところで撮影する方法と
②レースのカーテンを開けて
トレーシングペーパーを窓に貼る方法があります。

あとは、テーブルに映った影にピントを
合わせてその影を撮っちゃう!

影を主役に♪
いずれ書こうと思ってるネタですが(笑)
これ、かなりおしゃれですよ~^^♪


リクエストもありがとう!!
ネタが増えて(笑)嬉しいです♪
これからもどんどんリクエストして下さいね♪
待ってま~す☆
【2010/03/22 21:45】 URL | Chie [ 編集] | top↑

============================================================

★sorarinさんへ♪

一個書き忘れました(汗)

リンクもちろんOKです♪♪
ありがとう!!

私もリンクさせて頂きま~す♪
【2010/03/22 21:49】 URL | Chie [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。