スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑






被写体の反射率 | カメラの基礎講座
露出には「標準露出」と「適正露出」があることを前回お話しました。


標準露出とは、カメラの内臓露出計が光の量を計って出した明るさ。

一方の適正露出は、撮影者がちょうど良いと感じる自然な明るさ。


カメラの標準露出が適正露出なら、もちろんそのままの明るさでOKですが

「ホントは黒なのにグレーに撮れてる~」とか
「もっと明るい色なのに、くすんだ色に写っちゃった」ってこと
よくありますよね。

そこで「私って写真撮るの下手だわ~」って
ガッカリしなくて大丈夫♪

けっして撮影者が悪いんじゃありません!笑

これはカメラの特性ですので
どうかご安心ください^^♪


知識として理由を知ればどんな場面も怖くない!
というわけで
今回はカメラの特性をお話します♪


明るい色がくすんでしまう理由

光はモノにぶつかると反射します。

白いモノでも黒っぽいモノでも
カメラはレンズを通して、その反射した光を露出計で測って
明るさを判断しています。

肉眼ではあまり違いを感じませんが
反射する光の量は被写体の色や明るさによってさまざま。

この反射する光の量を「反射率」といいます。

特に白っぽい明るい被写体は反射率が高く
暗い被写体は反射率が低く
なります。

これはコンデジでもイチデジでも同じです。


反射率の高い明るい被写体を撮影しようとした時
カメラの露出計では
「これは明るいぞーー!
光を抑えてちょうど良くしなきゃっ♪」
と判断。
シャタースピードを速くして暗く撮影します。

反対に暗い被写体の場合は
「う~ん、これは暗いぞ。。。
光をいっぱい入れて明るくしなきゃ!」

シャッタースピードを遅くして明るく撮影します。


みなさんにもこんな経験ありませんか?

明るい場所なのに暗い色のモノを撮影したら
シャッタースピードが遅くなって手ブレしたり
妙に明るい写真が撮れちゃったり。

「なんで~??」って思いながら
明る過ぎたり、暗過ぎたり
そんな経験あるかと思います。

それは被写体の反射率が原因でした。



ここで前回のバラの写真。

100404_3.jpg

どうして明るいピンク色が沈んだ色になったのか
もうお分かりですね♪

バラと背景のタイルが明るい色だったため
カメラの露出計は「光を抑えよう」と判断したためでした。


そこで、自然な明るさで撮るために
必要になるのが【露出補正】という操作♪


バラの写真ではプラス0.7補正にして
ちょうど良い明るさになりました。


100403_1.jpg


■今日のポイント
*白いモノ・明るい物は反射率が高い
 ⇒カメラは明るいと判断して暗く(露出アンダー)に撮る
*暗い被写体は反射率が低い
 ⇒カメラは暗いと判断して明るく(露出オーバー)に撮る


【2010/04/05 16:11】   | コメント(4) | Top↑






<<露出補正の【クロマイ・シロップ】 | Top | 標準露出と適正露出>>
コメント
こんにちは~^^

こうして見比べてみると私が撮ったのは全体的に白っぽい感じですね。
同じ場所で撮ったとは思えない(x_x;)シュン

K-xは多機能で面白いのですが、撮る時に露出やISOの他に撮影モード(デジタルフィルター)を変えるとさらに多様な写真が撮れるよーになってました。
つまり設定ミスすると全然違う写真になっちゃうってことで・・・(汗)
鮮やかとかナチュラルとか。私はこの時「ほのか」モードで撮っていたみたいで、だから余計に白っぽくなっちゃったんでしょうね。
今からでもある程度補正出来るので、このピンク目指して補正してみよーと思います♪
【2010/04/05 21:34】 URL | Juli* [ 編集] | top↑

============================================================

うんうん、あるね~
前に行った多賀城での池での撮影とか。
散歩中の川での撮影。
黒い部分を強調させたくてあえてマイナスにしたよぉ~

でもモニターでの確認とPCでの確認が未だに苦手・・
ヒストグラムだっけ?あれを少し見方覚えればいいのかなぁ。
ぜひ、ゆくゆくはその辺の解説もお願いします~♪
【2010/04/05 23:16】 URL | かのん [ 編集] | top↑

============================================================

★Juli*さんへ♪

こんにちは~♪

K-xには「ほのか」モードっていうのがあるんですね~。
いやいやJuli*さんの撮ったバラも
ふんわりしてて素敵でしたよ~♪♪

いろんな機能があってホント楽しめるカメラだわ♪
でも確かに、設定して撮影したら一旦戻しておかないと
次の撮影で「ありゃ?」ってなっちゃいますね。
そんな私も、ISO感度を上げっぱなしにしてて
撮ったら真っ白!!
な~んてこと、実はよくあります(爆)
【2010/04/06 23:47】 URL | Chie [ 編集] | top↑

============================================================

★かのんさんへ♪

そうそう!暗い部分を強調したい時
マイナス補正でハナマル♪♪
東北歴史博物館の池、建物と池のバランスが
難しかったよね~。
私もあの時は、建物にピントを合わせて
マイナス補正したような。。。

ヒストグラムの山はひとつの目安として
*左側に山が寄っていればアンダー気味
*右側に山が寄っていればオーバー気味
ってなるけれど
夕焼けとか黒っぽいものを撮ったら左側に山が寄っても適正♪
反対に明るい色のもを撮って右側に山が寄っても
それも適正♪

って書くと何が正解なんじゃ?って気分になるよね(笑)

平均して中央部分に山があればちょうど良い明るさ
ということに一応はなってるけど
ヒストグラムも、あくまで目安。
あんまり気にしなくても大丈夫よ^^♪

私も一応チェックするけど
「ふんふん、こんなもんね~」くらいにしか見てない(爆)
【2010/04/06 23:48】 URL | Chie [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。