スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑






呼吸を止める?! | わくわく写真術:ペット編
せっかく良い場面を撮ったのに、
手ブレでボヤけてしまった経験ってありませんか?!

一部だけなら味のある写真にもなりますが
全体がボヤけてしまっては台無し。

私も後から確認して何度悔しい思いをしたことか・・・。


そこで、手ブレを防ぐために重要なのが構え方!

コンパクトでもイチデジでも脇を締めてカメラが動かないように
固定するのが基本です。

また、暗い場所や風景、夜景などシャッタースピードが遅くなる場面では
三脚を使うと手ブレを防ぎバッチリきれいに撮ることができます。

三脚がない時は
柱や壁、大きな木などで体を支え安定させるのも一つの手♪

まずは両脇を締めて、なるべく手ブレを防ぐ構えで撮りましょう!!


・・・とか何とか偉そうに言いつつ、
実は私、レオユウを撮る時は両手を使わず
片手で撮ることが多かったりします^^

もう、プロのカメラマンが見たら絶対NGな撮り方!笑

ドンパッチ(ダンナ)でさえ、「よくそんな片手で撮れるよね」って
ビックリするような構えだったりします。

特にワンコを撮る時って、
目線に合わせてカメラの高さを変えたり、
左手におやつを持ってカメラ目線にさせたりするので三脚は不便!

私の場合、2ワン揃って撮りたいと思っても
なかなか二人の目線がこちらに向かない時は
大きく手を動かしてカメラへ注目するように誘導します。

そしておやつを持った左手で少しカメラを支えながら
ピントを合わせたり、絞りや構図を決めてカシャっと撮る訳ですが
シャッターを押す時はもちろん片手。

イチデジの場合、結構重いので片手でしっかり持っても
手首が疲れてブレそうになるのですが
それを防ぐためにどうするかと言うと・・・・


ダンベル筋トレです。


ウソ。

(上級モデルになるほど本体重量もレンズもかなり重いので
筋力が必要なのはホント。)


手ブレを防ぐためどうするかと言うと、
テープルに体をくっつけたり
ヒザを立ててそこにカメラを乗せたりします。


そして、一番のポイントは呼吸。


これは私が撮ってて気付いたのですが
呼吸しながらシャッター押すと、どうしても手が動いてしまいます。

呼吸をすると上半身が微妙に動きますよね。
それが手にも伝わってしまうのです。

そこでシャッターを押す時は呼吸をストップ!

Leon&Yuuri


ピントを合わせながら軽く深呼吸し
シャッターを押す時は神経を集中させながら呼吸を止めてみましょう。


すると片手でも、手ブレしていないことに気付くと思います。


慣れるまでは多少ブレてしまうかもしれませんが
片手で安定させるコツを覚えると目線はアナタの思うまま。

おやつ片手に目線をコントロールできちゃいます♪


Leon&Yuuri



でも、連写で長く呼吸を止めると苦しくなるので(←経験済み。爆)
ムリせずほどほどに練習してくださいね♪

【2010/03/08 10:30】   | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。