スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑






流し撮りでスピード感 | わくわく写真術:ペット編
キャッチ寸前!
 *TVモード 55-200mm F5.6 1/1000 露出補正0 ISO100

イチデジでは、スポーツモードやTVモードで1/1000秒以上のシャッタースピードにすると
動きのあるシャープな写真が撮れます。

07060604.jpg


走ってる姿、ジャンプした瞬間など
タイミングとピントが合えばバッチリ☆

0706065.jpg


でも動きがピタっと止まって、何となく単調な写真になることも・・・。


そこでいつもと違う写真を撮りたくなったら
躍動感にスピード感をプラスした撮影『流し撮り』にチャレンジ♪


流し撮りとは文字通り、カメラを水平に横に流しながら
シャッターを切る撮影方法です。

シャッタースピードを遅くすることで背景は全て横に流れ
スピード感ある動きがクローズアップされた写真になります。

0706062.jpg
*TVモード 55-200mm F8.0 1/100 露出補正0 ISO100


今回は文章で説明するより図解の方が分かりやすいので
こちらにまとめてみました♪

image.jpg



ワンちゃんの流し撮りをする場合、2人で分担するとラクチンです♪
一人がボールを投げて、一人が撮影。

でも、
普段のお散歩って、一人の場合が多いですよね。

そんな時はぜひこちらを!!

れおーりがあっちこっちにボールを飛ばし、どの角度、どの位置が最適なのか
レオンと一緒に砂と汗にまみれて見つけた方法です♪

image2.jpg



通常、運動会など子供が走ってる様子や車を流し撮りする時は
立ったまま、1/60秒のシャッタースピードで充分ですが
小型犬の場合、ヒザを着いたり、低姿勢で撮影することが多いので
どうしても手ブレしやすくなってしまいます。

特にダックスのように足が短くショートストロークで高速のワンちゃんの場合は
シャッタースピードを少し上げて、1/80~1/100秒で練習するのがオススメです。


ちなみに1/60秒で撮影したら

足が幽霊?!
*TVモード 55-200mm F14 1/60 露出補正0 ISO100

足が幽霊になっちゃいました・・・・。

【2010/03/08 10:38】   | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。