スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑






構図に迷ったら背景を意識してみよう | わくわく写真術:スナップ編
草木を撮ったり、風景を撮る場合
漠然とカメラを構えても、どこをどう切り取ったらいいのか
分からなくなることってよくありますよね。


構図・フレーミングが決まらなくて写真が撮れない…

そんな時は構図よりも写り込む背景を意識してみましょう。


下の2枚の写真は、同じ桜の枝を撮ったものです。

100425_4.jpg

1枚目は桜の幹を背景に撮りました。


100425_5.jpg

2枚目は体の向きを変え
小川と橋、木の植込みを背景に撮りました。


同じ1本の枝でも
背景が違えば撮影場所まで違うように感じますよね。

これが写真の面白さ♪

自分のカラダを90度、向きを変えただけで
2種類の違うイメージの写真が生まれました♪


そして今度はタテ構図で。

100425_3.jpg



100425_1.jpg


横とタテでは、また違った雰囲気になっていると思います。

好みもありますが、一般的に
横構図は広がりをタテ構図は奥行きを表現したい時に
それぞれ使い分けます。


同じ被写体も立ち位置、向きを変えるだけで背景が変わります。

「これにはどんな背景が合ってるかな?」

構図に迷ったら主役が引き立つ背景を探してみましょう♪
背景を撮り比べてみるのも、すごく楽しいですよ^^♪



ところでよく言われる写真の構図。
*黄金分割 *日の丸構図 *三角構図
*S字構図 *対角線 *シンメトリー など
他にもいろいろあります。

構図の目的は何かと言うと

見る人に安定感・安心感を与えたり
全体のバランスを整えることで美しさを伝える。
また、主役を引き立たせ強調することで力強さを表現したり
遠近感で空間の広がり、奥行きを表現することにあります。


元々は絵画の表現方法ですが写真も一緒。
一枚の平面に遠近法を使って奥行きを出したり
主題を引き立たせ美しさ・力強さを表現したり。

写真だけではなく、絵画を見るのもすご~く良い勉強になります。


余談ですが、私が子供の頃
絵の道を目指してた姉の部屋には絵画の本がたくさんあって
その絵を見るのが楽しくて、毎日のように眺めていました。

構図のこともいろいろ書かれていましたが
遠近法とS字ライン以外は難しくてさっぱり。笑

でも、その頃眺めていた絵の感覚、イメージが
写真を撮りながらふと閃くこともあって
絵はさっぱり描けないけど(笑)
今になって役に立ってるのかなと、たまに思います。


そんな私が楽しんで撮影する時
構図自体はあまり意識してないことがほとんど。

どちらかと言うと、全体のバランスや配置
丸や三角、曲線・対角線など
図形やラインとして無意識に捉えてる感じです。


基本はとても大切ですし
構図はバランス良く整って見えるので
覚えればとても便利なものです。

でも構図がぴったりハマっているからと言って
それが良い写真、面白い写真とは限りません。

もちろん、感動する写真もいっぱいありますが
構図を意識するあまり、構図そのものを写してる
ちょっぴり残念な写真も見かけます…。


写真は芸術。
芸術は自由な発想を楽しむもの。

決まったパターンにとらわれ過ぎず
自由な発想で楽しみましょう♪

それがアナタにしか撮れない写真、個性となります。



そして
感動したり、ずっと眺めていたくなる写真というのは
テクニックや構図の上手い下手より
その写真に心が写っているかどうか♪

「嬉しい、楽しい、ステキ♪」
そんな気持ちが入ってる写真の方が
構図の整った写真よりずっと心に響いて素敵です☆





■今日のポイント
*横構図:広がりを表現
*タテ構図:奥行きを表現
*体の位置・向きを変えて背景をチェンジしてみよう♪

【2010/04/27 19:53】   | コメント(4) | Top↑






<<広角×ローアングル♪ | Top | 一緒に走って表情イキイキ♪>>
コメント
構図・・・おうちフォトでも迷いますが、外でも悩みの種です(苦笑)
今回の旅行ではサクラは撮れなかったんですが、新緑の木々の緑が本当に綺麗で。
もみじの緑を撮ろうと思ったんですが、ワサワサと葉っぱが(笑)
どこにピントを合わせていいのかパニックでした。
縦と横、色々変えてみれば良かったんですね。
行く前にこの記事読みたかったです(笑)

背景といえば・・・今回のもう一つの悩みの種。
どこを撮っても修学旅行生だらけだったことです。
人の少ない時期に行かなければダメですね、京都はi-229
【2010/04/29 09:13】 URL | Juli* [ 編集] | top↑

============================================================

☆Juliさんへ♪

京都旅行お帰りなさ~い♪

あはは。修学旅行生がいっぱいでしたか~(笑)
ちょうど季節もいい時期だし
学生に限らず普通の観光客も大勢いますものね♪

新緑は本当に美しいですね♪
私も大好きです。

ピントの位置や構図。
悩みどころ満載ですが、葉っぱと背景を
例えば1:2とか1:3とか比率で考えたり、
逆三角形や対角線など図形やラインで
捉えてみると案外しっくりくるかも。

と言っても、これは私の方法なので
かえってヤヤコシイかな…ゴメン。

もみじの葉っぱを撮る時は、2~3枚から数枚、
一枝から一房と、徐々に切り取る範囲を広げて行くと
ピントの位置や構図が見えやすいと思います^^♪

これは、私が迷った時の撮影方法。
葉っぱに限らずどんなシーンでも切り取る範囲を少しずつ広げていくと
漠然とした中で、主役がハッキリ見えてきます。
【2010/04/29 21:00】 URL | Chie [ 編集] | top↑

============================================================

とても素敵な写真術ですね。
縦、横の違いや背景によってもかわるんですね。
面白い!!
背景探しが楽しくなりそうです。
私の好みは4枚目の写真です。
奥行きがあって背景のキラキラ玉の重なり具合が特に好きです。
キラキラの綺麗な出し方のコツを知りたいです。

私も子供の頃から(今でも)絵を見るのが好きでした。
写真を撮る時も絵を意識することがあります。
でも腕の方が未熟なので意識だけです。
4月の上旬の桜の時期に京都に行きましたが
屏風画のように撮りたいな~っと思いました。
でもまだ新しいカメラと親しくなれなくって・・・(汗

クッキー日記の4月26日に載せた写真で代々木公園の新緑のモミジの写真は
Chieさんから教わった撮りかたで撮ったものです。
これからもChieさんからたくさん刺激をうけて
学びたいと思っています。
【2010/04/29 23:39】 URL | クッキーママ [ 編集] | top↑

============================================================

★クッキーママさんへ♪

こんにちは~♪
お褒め頂きありがとうございます^^
お気に入りがあって嬉しいです~♪

水面のキラキラ。
これは逆光で撮影すると
水面の反射がレンズに入ってきて撮れます♪

一番キレイに撮れるのは単焦点のマクロレンズ。
六角形や八角形の光の玉は絞りの形になります♪


クッキーママさんも絵が好きなんですね♪
屏風画のような桜。。。
想像しただけでもうっとり…♪
いいですよね~日本画。
私も日本画が大好きです。
シンプルなようでいて実はものすごく緻密で繊細で。
東山魁夷の静かで深い山の絵や馬の絵。。。
何度見ても飽きなくて今でも憧れる絵です。


わ~い♪参考にしてくれてありがとう!!
クッキーママさんのお陰で元気が出ました☆
少しでも試して貰えたらホントに嬉しいです♪

スローペースの更新で申し訳ない気持ちですが
これからも少しずつ更新していきますので
楽しみにしていて下さい^^♪

どうもありがとう!
【2010/05/02 16:58】 URL | Chie [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。