スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑






広角×ローアングル♪ | わくわく写真術:スナップ編
『一緒に走って…』の記事でも触れた広角レンズ。

広角レンズは広い範囲を写せるだけじゃなく
手前から奥までピントが合うのが特徴とお話しました。

この、手前から奥までピントが合うように撮ることを
写真用語で【パンフォーカス】と言います♪

そして、ピントが合いやすいのを利用して
ノーファインダーで撮影すると
ファインダーを覗いた時には撮れなかった
ダイナミックな景色や姿が撮れちゃいます♪

例えば木。

木の根元付近にカメラを近づけ真上にカシャっ!

すると

100427_3.jpg

太い幹が強調された写真が撮れます。

これは立った位置、しゃがんだ位置からでは撮れない景色^^♪




竹やぶもこんな風に…

100427_1.jpg

地面近くから真上に向かってシャッターを切ると
実際には大したことない竹やぶですが(笑)
迫力ある風景に変わります^^♪

100427_2.jpg


そうそう。
広角レンズだからと言って、わざわざ新しいレンズを買わなくても大丈夫♪

イチデジを最初に買った時、標準ズームレンズもキットで
購入されている方がほとんどだと思います。

その標準ズームレンズ(18~55mm)の18mmのところで
撮影すれば、こんな風に撮れます。


そしてコンデジでも、広角側(W側)で同じように撮影できます♪


Let's enjoy♪

【2010/04/29 20:37】   | コメント(0) | Top↑






<<【Pモード】でチャンスを逃さない♪ | Top | 構図に迷ったら背景を意識してみよう>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。