スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑






夜の室内撮影【卓上ライトをプラス】 | わくわく写真術:おうちフォト編
夜の室内撮影の第2弾。

前回は天井のライトのみを使っての撮影でした。

どのお部屋にも必ずついてる天井のライト。
それを生かすための被写体の置く位置と自分の立ち位置について
レッスンしました。

今回はそこから一歩進んで、天井のライトに卓上ライトをプラスした
撮影についてレッスンします♪

光の具合と影のでき方。

これをチェックしてみて下さいね。


■天井ライト+卓上ライト

テーブルの上に卓上ライトスタンドを置きます。
デスク用の小さいライトでOK。

大きいライトより、こういう小さいライトの方が
ちょっとずつ移動しながら光の具合を調節できるので
扱いやすいと思います。

100616_0165.jpg

こんな風に
スタンドを雑貨の方に向けて照らした場合。


100616_0166.jpg
*SIGMA 50mm F3.2 1/100 ISO800 EV0 WB:電球

影を見ると、スタンドからの光で影ができていますね。

天井のライトより、こちらの卓上ライトの方が
光が強くメインライトになりました。

また、卓上ライトをプラスしたことで明るさが増し
シャッタースピードを1/100まで上げられました。


100616_0174.jpg

次に、ライトを直接当てずに向きを外した場合。


100616_0177.jpg
*SIGMA 50mm F3.2 1/50 ISO800 EV0 WB:電球

シャッタースピードは半分に落ちましたが
ライトの光が直接当たっていないため
影が薄くなったのが分かります。

印象としては、ふんわりした夜の雰囲気♪


そして同じライティングでケーキを撮影してみると…

100616_0213.jpg
*SIGMA 50mm F3.2 1/50 ISO800 EV0 WB:電球

イイ具合にサイドからの光となって
ケーキの上にテリが入っています♪



■卓上ライトのみ

今度は天井のライトを消して
卓上ライトのみで撮影してみます。

100616_0199.jpg

ライトは外側に向けて
レフ板で光を補った状態です。


ライト1灯だけで撮影してみると・・・

100616_0189.jpg
*SIGMA 50mm F3.2 1/30 ISO1250 EV0 WB:電球

どうでしょう?

光と影のコントラストがハッキリして
ちょっとクールな写真になっていませんか?

敷物のザラついた素材感や
手前から奥に向かって暗くなる光のグラデーション。

どちらかと言えば男性的な(笑)
メリハリのある写真になります。

ライト1灯なのでISO感度を1250に上げても
シャッタースピードは1/30と、ちょっと低速ですが
光と影を生かした写真を撮りたい時にオススメです♪



次にケーキを撮ってみます♪
今度はライトをケーキに向けた状態です。

100616_0213_1.jpg



100616_0213_2.jpg
*SIGMA 50mm F3.2 1/125 ISO800 EV0 WB:電球

少し影が強くなりましたが、立体感が出て
商品っぽくない、自然な雰囲気になったかと思います。

夕食後のスウィーツ。
「これから食べるぞー♪」的な身近な雰囲気♪

また、ライトを近づけたことで
シャッタースピードを速くすることができます。



と、こんな風に卓上ライトをプラスすることで
天井のライトのみとは違った、光と影のさまざまな表情を
表現することができます。


ライトはデスク用の蛍光灯タイプでもOKですし
私が使っているような、電球タイプでもOK!

大きいものを撮る時は、やはり大きいライトがあった方が便利ですが
テーブルに載せて撮影するサイズのものなら卓上ライトで充分です。

ちなみにこの撮影で使った卓上ライトは
家電量販店やホームセンターで売ってる1000円くらいのもの。

ライトが光れば何でもOKなので(笑)
特別高いライトじゃなくて大丈夫です♪

そそ、懐中電灯をプラスしても
また違った影ができて面白いと思います^^♪


ライトの高さ、向き、角度、位置を調節しながら
好みの光を探すのも楽しみのひとつ♪

光の当り具合や影の様子を確認しながら
被写体や撮りたいイメージに応じて
ライティングを楽しんでみてください♪



次回は卓上ライトのもうひとつのライティングをご紹介します^^
【2010/06/16 23:18】   | コメント(2) | Top↑






<<夜の室内撮影【ライトの壁バウンス】 | Top | 夜の室内撮影【天井のライト編】>>
コメント
なるほどねぇ
天井のライトとスピードライト以外使ったことないわぁぁ

ってか、レフも面倒で。
違いを見る為に使ったっきりだもんなぁ。
料理撮る時なんて絶対に考えてないわ(爆)

帰ったら再度じっくり見て研究しよっっとw
【2010/06/17 17:41】 URL | かのん [ 編集] | top↑

============================================================

☆かのんさんへ♪

やっほ~♪見てくれてありがと!

あははは。急いで撮りたい時、
わざわざレフ用意するのって面倒だもんね~。
でも!このほんの一手間が光を操る必殺ワザになるから
ぜひぜひお試しを~^^♪

で、そうそう。
夜の部屋でワンズを明るく撮るには
ぶっちゃけ、部屋をめいっぱい明るくするしかない!笑

上の写真みたいに、雑貨とか料理とか
動かないものなからシャッタースピード落ちても
手振れさえしなければOKだけど
ワンコはね~、どうしても動きたいからね~。

スピードライトMAXにして、バウンスでギリギリ1/200~1/250まで
Sスピード上げるのが一番確実だわ♪

あとは・・・今ちょっと考えてるのがあるから
実験が成功次第(爆)、ココにUPするね~。
【2010/06/17 21:23】 URL | Chie [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。