スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑






好みの光を探してみよう♪ | わくわく写真術:おうちフォト編
「ココの光が一番キレイ♪」という定位置を決めて
おうちフォトを楽しんでいらっしゃる方も多いと思います♪

私の場合は、リビングの窓際。

100316_13.jpg

南側のココは明るい自然光がたっぷり入ってくるので
撮影の指定席となっています♪


でも、たまに撮影場所を変えてみると
同じ被写体なのに写真そのもののイメージが
違ってきます。


場所を変えて自分の好きな光
好きな明るさ、好きな色合い。

そんな光をおうちの中で探すのも楽しいですね♪


と言うわけで
フォトレッスンで使ったお野菜。
今度はお家の各所で撮影してみました。


100713_5_2.jpg

こちらは、リビングのダイニングテーブル。
窓際から2mくらい内側の場所です。

内側ということで、だいぶ光が柔らかくなっています。
コントラストが強くないのでレフ板なしでもOK!


お次は北側のベッドルームへ。

100713_6_2.jpg

床に直接置いてみました。

この部屋は1m四方の窓が北側に1つ。
その窓からしか自然光が入らないので
昼間もちょっぴり暗いお部屋です。

しかもベッドがあるので
床面は更に暗いという悪条件。。。
それでもSスピードを遅くして(1/15秒)
充分撮れる明るさでした。


ちなみに、ブログではなるべく明るめの写真をUPしていますが
趣味で撮るのはローキー(暗め)な写真が多かったりします。

写真の明るさは人それぞれの好みですが
この暗さ。
重量感が増して意外と好きな光です。


さて今度は同じベッドルームの窓際で♪

100713_7_1.jpg

北側でも窓際はかなり明るいです。

雰囲気としては
窓際のキッチンという感じでしょうか。

すりガラスなのでレースのカーテンを引いてませんが
その分、外から入る自然光が強く
明暗の差がクッキリ。

レフ板が必需品の場所でした。

100713_8.jpg


こんな風に、同じ被写体で比べてみると
場所によって光の差が大きいことが分かります。



自分の好みの明るさや色合いが見つからない…。

そんな時、家の中のいろんな場所で撮ってみると
好みが見えてくるかもしれません♪


そして

明るく元気な写真を撮りたい時は窓際で
落ち着いたマットな写真を撮りたい時はお部屋の内側で…

というように、撮りたい写真のイメージに合わせて
場所を選べるようになります。



家の中に入る自然光は
季節や天気、時間によっても違います。

まるで生き物みたいな自然光。

お家の中で新しい光を探してみましょう♪

【2010/07/16 16:08】   | コメント(2) | Top↑






<<ワンちゃんの自然な表情を撮る…その1 | Top | Simple is Best!>>
コメント
なるほどねぇぇぇ
と思っちゃった。

あたしは基本リビング、ダイニング、和室のどれか。
チビ共の寝ている場合だとベッドルームもあるけど、
ほぼないかなぁ
光。さすが捕らえ方が違いすぎ!!

今度さ、逆光での撮影の仕方もレッスンプログラムに入れて!
ってか光そのもののレッスンが必要かも(爆)
【2010/07/21 23:45】 URL | かのん [ 編集] | top↑

============================================================

☆かのんさんへ♪

私もほとんどリビング。
いつも同じ場所で撮影してるから
たまに場所を変えて撮影すると
光がすっごく新鮮なの♪

ベッドルームはね、最近知った場所だったの。
「こんな光もあったんだ~♪」って一人カンドーしてました。笑


レッスンプログラム、オッケ~よん♪
了解♪光のレッスンの時は、光そのものからレッスンするね!
レッスン日はかのんさんの都合の良い日教えてちょ。
【2010/07/22 20:42】 URL | Chie [ 編集] | top↑

============================================================

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。